足が臭いのは病気のサイン?考えられる病気とは?

足が臭いのはただ単にお手入れ不足・ケア不足と思っている方が多いのですが、時には足の臭さが体からのSOSサインであることもあるので軽く見るのは危険です。

 

特に、「なんだか急に足が臭くなったな」と感じたら、もしかしたら何らかの病気が隠されているかも。

 

一見、無関係にみえる足の臭いと病気の関係、そして考えられる病気について今回はご説明していきますね。

 

 

足の臭いから考えられる病気

足の臭いは、皮脂や角質、汗をエサとして足にもともといる常在菌が繁殖することで発生します。

 

常在菌を全くゼロにすることは不可能。そのため、足の臭いを防ぎたいなら雑菌が繁殖しやすい高温多湿状態にならないよう足の環境を改善し、雑菌のエサとなるものを減らすことが必要です。

 

つまり、普段から丁寧にお手入れしておけば足の臭いが気になることもないのですが、ちゃんとお手入れをしていても雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうことがあります。

 

それは病気によって足の環境が変わってしまうためです。

 

次に、臭いが出やすい環境に足を変えてしまうと考えられる病気をご説明していきましょう。

 

多汗症

足の臭いに関連する病気でまず考えられるのが多汗症です。

 

その名のごとく、気温や体調に関係なく汗が大量に出る症状です。ちなみに足にだけその症状がでるものを「足蹠多汗症(そくしょたかんしょう)」といいます。

 

多汗症になると、ただでさえ高温多湿の雑菌が喜ぶ環境である足部分がもっと多湿になり、さらに雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

多汗症の原因として考えられるのがストレスなどによる不安定な精神状態といわれています。体温調節のための発汗の機能をコントロールする交感神経がストレスによって乱れ、汗腺の働きを活発にしてしまうために汗が大量に出てしまうのです。

 

緊張や不安など心当たりがある方は、専門医にかかると同時に、ご自身でもストレスを上手に発散するように心がけましょう。

 

また、たかが汗、と侮ってはいけません。汗がたくさん出るのは多汗症に限ったことではありませんので自己判断は禁物!次にご紹介する深刻な病気のSOSサインであることも考えられます。

 

糖尿病や内臓疾患

人の皮膚には常に菌(常在菌)がいて、人体に良い影響を与える善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌があります。

 

体が健康な状態であるなら、菌に対する免疫もしっかり機能するので悪玉菌が付着していても何も問題もおこりません。

 

しかし、内臓の病気にかかっていると免疫力が低下、抵抗力も落ち、通常なら何の問題もない常在菌によってトラブルをおこしてしまうようになります。

 

免疫力を落とす内臓の病気で真っ先に考えられるのは糖尿病です。

 

糖尿病にかかると抵抗力が弱まるだけでなく発汗量も増えるため、さらに足の臭いが酷くなります。ただし足だけが臭くなるだけでなく、体臭や口臭も独特の甘いようなニオイを発するようになるのでわかりやすいはず。このようなサインが出たら糖尿病のおそれがあるので早く受診しましょう。

 

ほかにも、発汗量が増えることで多汗症と間違えられやすくて注意が必要なのが、代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経の疾患などです。

 

これらの病気にかかっていることで足にだけ汗が異常に出るケースはまれです。しかし、症状だけを見て、多汗症と間違えられて見逃されてしまうおそれもあるので、多汗症の治療を行っても症状が改善されない場合は、別のクリニックにかかるなどしてセカンドオピニオンを求めるようにしましょう。

 

水虫

足の病気で代表的なものである水虫によっても足の臭いが強くなることがあります。

 

水虫は白癬菌という菌が足の角質層等に入り込み増殖することで起こりますが、水虫だから足が臭くなるというわけではないので勘違いしないようにしましょう。

 

皮膚の常在菌と同じように高温多湿の環境を好む白癬菌が増える=足が雑菌の繁殖しやすい環境になっている→足の臭いがきつくなるということです。

 

臭いのほかに、足の指がぐじゅぐじゅしたり水ぶくれができてかゆみがある(小水疱型)、爪が白っぽくなり濁りがでる(爪白癬) 、かかと部分の皮膚が厚くなる(角質増殖型)など、足の皮膚や爪にも異常が出ている場合は水虫にかかっているおそれがあるので早めに専門医にかかりましょう。

 

そのまま放置しておくと、さらに水虫の症状が悪化してしまうだけでなく、家族など周囲の人にうつしてしまうおそれがあるのですぐに治療を始めてください。

 

まとめ

以上、足の臭いがサインとなる病気についてご紹介しました。

 

再確認しますが、病気が原因で足が臭くなるのではありませんのでお間違えのないように。

 

なんらかの病気をきっかけとして多汗や抵抗力の低下がおこり、通常なら問題のないはずの足の環境が悪化して雑菌の繁殖が盛んになって臭くなってしまうということです。

 

もし清潔にしているのに足の臭いが酷くなったと感じたら、自分の体や心についてあらためて見直しをしましょう。これからも健やかな毎日をおくるためにも、病気をきっかけに発せられた臭いという体からのSOSサインを見逃さないようにしてください。