これならできそう!?加齢臭とさよならするために実践したい事

これならできそう!?加齢臭とさよならするために実践したいこと

「加齢臭」とはオジさん特有のにおいであり、若い男性や女性の自分には関係ないと思われている方が多いのではないでしょうか。
気にしているあなたの体臭、もしかしたら加齢臭かもしれません。

 

加齢臭とは・・・

加齢臭とは、においのもと’ノネナール’が原因となる、汗臭さとは異なるツーンとする脂臭く、青臭いにおいの事です。

 

ノネナールは、皮脂に含まれる脂質が活性酸素の働きによって酸化し、過酸化脂質に変化することで発生し、中高年に多くみられる特有のにおいとなります。男女問わず、40歳を過ぎたころから増え始め、60歳で急激に増加する成分です。

 

男性よりも皮脂量の少ない女性は、男性ほどにおいは目立ちませんが、それでも自分から男性上司と同じような加齢臭が漂っているかもと考えると、あまりいい気分ではないでしょう。女性では、35歳くらいから皮脂分泌を抑えてくれる女性ホルモンが減ってしまうのもにおいの原因となります。

 

 

加齢臭の予防方法

加齢臭を予防するには、生活習慣に大きなカギがあります。

 

食事バランスは偏りなく、和食中心にきりかえる

 

肉には脂肪分が多く含まれるため、取りすぎは体臭を強くする原因となります。適量を食べるようにできたらいいですね。また、大豆製品は積極的に摂取するようにするといいです。イソフラボンが女性ホルモンを増やし、皮脂分泌を抑えてくれます。また、抗酸化作用の期待できるビタミンCを多く含むキウイやブロッコリーの野菜やフルーツ・ビタミンEを多く含むナッツやサツマイモなどを食べるのもおすすめです。過剰摂取してしまいがちなサプリよりも、食事から取り入れられたらいいですね。

 

頭皮は重点的にケアをする

 

頭皮の皮脂腺は他に比べ2倍となり、においが発生しやすい場所となります。頭皮の乾燥を招き余計に皮脂が多く出てしまうため、洗いすぎは避けるようにし、洗髪後はきちんと髪を乾かしましょう。濡れたままの状態だと菌が繁殖しやすく、においの原因となります。シャンプー選びについては頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選んでみるのもおすすめです。

 

ストレスをためないようにする

 

ストレスと体臭は関係ないように見えて実は深い関係があります。ストレスがたまると体内に男性ホルモンやアドレナリンが増えます。それにより皮脂が増加し、活性酸素が発生しやすくなります。働いていると、なにかとストレスもたまりやすいと思いますが、上手にストレス解消できればいいですね。

 

 

 

日々の生活習慣で少し気を付けるだけで加齢臭を防げたら、実践してみるものいいのではないでしょうか。皮脂を増やさない・においの原因はきれいに・活性酸素の発生を防ぐ、この3つを意識して、きれいな心とにおいで過ごせたらいいですね。