デオシークのメリット・デメリット

デオシークのメリット・デメリット

デオシークのメリット・デメリット

 

わきが臭、加齢臭、足の臭い、ミドル脂臭などの体臭は本当にやっかい。

 

気付かないうちにいつの間にか臭っていることもしばしばあり、ケアを怠ると、自分自身が恥ずかしい思いをしたり、他人に嫌な思いをさせてしまうことがあります。

 

そんな体臭を防ぐ便利なアイテムとして人気が高いのが「デオシーク」シリーズです。

 

デオシークはクリーム・サプリ・ボディーソープの3つのアイテムで体の外からも中からも徹底的にケアできる商品です。

 

今回はそんなデオシークのメリットとデメリットを調べてみました。

 

1.デオシークのメカニズム

652958.png

臭いは汗腺から分泌された汗が皮脂腺から出た皮脂と混ざり、雑菌がそれをエサにして繁殖と分解を繰り返すことで臭いが発生します。

 

実は汗腺から汗が分泌されただけでは臭いは発生しません。しかし、時間が経過するとともに雑菌が繁殖してしまうと加速的に臭いの成分が増加していってしまいます。

 

そんな臭いの対策として有効なのが、汗腺にふたをするパラフェノールスルホン酸亜鉛と殺菌作用のあるイソプロメチルフェノールを配合しているデオシークです。

 

デオシークは汗の分泌を抑えて、殺菌するだけの商品ではありません。

 

抑臭効果があるとして有名な茶カテキンをはじめとした海藻、シルク、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、クエン酸ナトリウムなどの消臭成分やシャクヤクエキス、アマチャエキス、紅藻などの保湿成分が含まれている優れものです。

 

 

2.「デオシーク」のメリット

デオシークのメリット・デメリット

 

 

・使い方が簡単
・体の内側からもケアができる
・全身の臭い対策に使える
・肌に優しく、毎日安心して使える
・子供にも使える低刺激成分が使用されている
・塗ってすぐ無色透明になるので使いやすい
・コスパが良い


 

というメリットがあります。

 

「デオシーク」は朝の出掛ける前にクリームを気になる部分にひと塗りするだけ。

 

たったこれだけのケアで嫌な体臭を夜までカットすることができるので、日中は自分の臭いを気にすることなく快適に過ごすことができます。

 

デオシークシリーズはクリーム、サプリ、ボディーソープがあり、クリームとボディーソープで体の外側をサプリで体の内側のケアをすることができ、別々の商品を使うのに比べて同じ販売元の商品であるため商品同士の相性が良く相乗効果が期待できます。

 

また、体のどの部分にも使用できるので商品を使い分ける煩わしさが一切ありません。

 

気になる成分ですが刺激が弱く、肌が弱い人にも使える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」を制汗成分として採用しているため、お子様からお年寄りまで安心して使うことができます。

 

お値段も「クリーム+ボディーソープ+サプリ」セットで4,980円と1日当たり166円という安さで全身ケアでき、体臭に悩まずに済むのであればコストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。

 

 

3.「デオシーク」のデメリット

デオシークのメリット・デメリット

 

 

 

・汗の量が多い人は塗りなおす必要がある
・1個だけ欲しい場合は割高になってしまう(定期コースに比べると高い)


 

クリームタイプの商品であればどうしても汗を大量にかいてしまうとクリームが汗によって流れ落ちてしまうことがあります。そうなると、当然クリームの効果が期待できません。デオシークならコンパクトで持ち運びも楽なので出先でもワンプッシュしてサッと塗ることで効果を発揮します。

 

ただし、肌の表面が汗や油でベタベタな状態だとクリームがうまく塗れなく、すぐに落ちてしまうことがあるので除菌シートなどで拭いてからデオシーククリームをつけるなどの工夫が必要でしょう。

 

デオシークは定期コースでも〇回以上という縛りがなく違約金が発生しないのでいつでも中止・休止することができます。そのため、1個当たりの値段が安くなる定期コースの申し込みがおススメです。

 

なお、デオシークには永久全額返金保証制度があるので効果がなくても商品の代金を返金してもらうことができますので安心して試すことができます。

 

 

4.まとめ

今回は、気になる体臭を防ぐ「デオシーク」のメリット・デメリットをそれぞれご紹介しました。

 

調査の結果から、手軽に今すぐ始められる効果的な体臭対策として十分使ってみる価値がある商品だなあと感じました。

 

少しでも気になった方は公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

 

>>クリックしてデオシークの公式ページを確認する<<