自分では気づかない?わきがのセルフチェック方法と対処方法

自分では気づかない?わきがのセルフチェック方法と対処方法

わきがのニオイは他人に言われて初めて気づくケースが多いです。

 

なぜなら、わきがの人だけではなく自分の体臭というものは常に鼻についているため、感覚が麻痺をしていて分かりにくくなっているからです。

 

例えば、知り合いや友人の家に訪問した時の独特のニオイは、自分には分かりますがその家の住人は分からないということと同じです。

 

わきがのニオイは個人差があるため、一言では表しにくいですが「玉ねぎのようなキツイニオイ」や「お酢のような酸っぱ臭いニオイ」「生乾きの洗濯物みたいなニオイ」と様々な表現があります。

 

これらの表現は違いますが、共通していえる事は「汗のニオイとは違う臭さ」ということです。

 

 

わきがのセルフチェック方法

 

他人にはよく分かるけど自分では気づきにくいわきがをチェックするにはニオイをかぐ以外の方法が良いです。

 

まずは耳あかのチェックです。
例えば、わきがの人の耳あかは湿っていて茶色、または黄色をしている。わきがでない人の耳あかはカサカサと乾燥しています。

 

さらに、衣類の脇部分を見てください。わきがの人の場合は脇部分だけが黄ばんでいることが多いです。そして、わきがは遺伝性であるため家族や親戚にわきがの人がいれば高い確率でわきがである可能性があります。両親どちらともわきがの場合は80%の確率、どちらかの場合にはおよそ50%くらいの確率で子どもに遺伝するといわれています。

 

そのため、わきがが伝染病のようにうつるものでは決してありません。

 

 

わきがの対処方法

 

わきがの原因は、ニオイの原因物質を出す「アポクリン汗腺」と呼ばれる部分から汗が出ることによって独特のニオイが発生してしまいます。

 

もし、自分がわきがだと分かった場合には対処法がいくつかあります。まずはニオイのある汗を分泌させる、アポクリン汗腺を刺激するような食べ物は避けることです。例えば、肉やバター・チーズなどの動物性たんぱく質は汗腺を刺激させます。さらにニンニクやニラ・ネギといった元々ニオイの強い食べ物も、わきがのニオイと混ざってさらに嫌なニオイを強くしてしまいます。

 

食べ物以外には、ストレスをためないようにすることです。ストレスをためてしまうとホルモンバランスが乱れたり、自律神経が不調をきたすことでアポクリン汗腺が活発化してしまうからです。

 

それらのことを全て行った上でもわきがのニオイを対処するなら、外科的手術によってアポクリン汗腺を切除してしまうことです。

 

しかし、費用面での問題や入院が必要となる大掛かりな手術なので、検討をしている人は慎重に計画を立てましょう。

 

わきが対策用クリームとして効き目があると話題の
「デオシーククリーム」の詳細ページは>>こちら<<